チューリップを育てる秘訣

じょうろ

チューリップは誰もが知っている有名な花で、春ごろになってくると様々な色でキュートなカップ状の花を咲くので、見てるだけでも可愛いと感じてしまいますよね。そんなチューリップですが、育てるためには土の質、球根の植え方、気温の3つが重要になってくると言われています。自然由来の肥料をミックスした水は毛が良い土が好まれて、球根3個分の深さに球根を植えて、冬などの気温が低い寒い時期に過ごすと、チューリップは元気に綺麗な花を咲かせます。逆に言うと、高温に非常に弱いため必ず涼しい場所で保管や管理を行なう、一緒の土で育てない、球根をできる限り浅く植えないことを守るようにしましょう。
今回はチューリップの球根を植える時期や方法などを確認してみましょう。初めてチューリップを育てる場合、必要なものは球根と土、植木鉢になります。大体の目安として直径15センチほどの5号の植木鉢と球根は3個ほどが良いでしょう。チューリップは種からの育てることが可能ですが、実際は販売されている球根になるまで数年はかかってしまいます。そのため、早く咲かせたい人は球根からそだてるのがおすすめと言えます。植える時期は10~11月ごとが最適です。球根についてる茶色の皮が剥がしましょう。そして、消毒液で球根を消毒します。次に球根1個分の横幅を目安にして球根3個分ほどの深さにあるように穴を掘ります。穴を掘ったら球根の頭の部分が上になるように植えて、そこから土をかぶせて毎日水やりを行ないましょう。チューリップをちゃんと育てるのは上の土の質、球根の植え方、気温を必ずチェックするようにしましょう。